単複競馬を愛している

アクセスカウンタ

zoom RSS エリザベス女王杯【予想】

<<   作成日時 : 2008/11/15 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2008年11月16日(日)
京都11R エリザベス女王杯 GT 芝2200m

2006年の降着事件から2年を経て出走の◎カワカミプリンセスです。人気があろうがなかろうが、状態が良かろうが悪かろうが関係ありません。横山典弘の京都成績が悪い?1週前に時計を出しすぎてオーバーワーク?前走府中牝馬S組は勝てない?など不安視要因もありますが関係ない!2年前の借りを返すのだ〜!
紐はムードインティゴ、リトルアマポーラ、エフティマイアの3歳馬にビエンナーレ、アルコセニョーラ、アスクデピュティ、トウカイルナの格下馬を絡めた3連単も買う予定。
今は調教師となった本田優はこのレースをどういう気持ちで観戦するのか。考えただけでも目頭熱くなります!

当該レースは傾向やデータ、そして私の競馬予想の中心であるKYRC指数は一切無視した馬券になります。たまにはいいだろうと自分に言い聞かせる私。





■2007年11月6日(火)
“前走大敗”という観点で人気が相当落ち込むことが予想されるフサイチパンドラ。何故に札幌記念勝利後にダート(エルムS)を使ったのか白井調教師。

中間かなりゆるい仕上げ(ほとんどしあげてない)の休み明け+18k、前走1400mスワンS。4角5番手上り35.0(7位)。
一昨年の覇者スイープトウショウ。競走馬としてのピークは完全に過ぎたと思われる。しかし…

かなり気になる2頭です。

■2007年11月11日(日)
□京都11R エリザベス女王杯 GT 芝2200m□
◎ ウオッカ
○ フサイチパンドラ
△ ダイワスカーレット
△ ディアチャンス
△ アドマイヤキッス

秋華賞内回りから今回外回りに舞台を移し再度対戦するウオッカとダイワスカーレット。叩き2走目、距離延長と逆転要素が多い分ウオッカを上位にみます。相手は前走エルムS惨敗から一変した札幌記念の覇者フサイチパンドラです。


【ウオッカ】 3歳牝馬 栗東:角居勝彦厩舎、馬主:谷水雄三
父  タニノギムレット
母  タニノシスター
母父 ルション
生産 カントリー牧場

【ダイワスカーレット】 3歳牝馬 栗東:松田国英厩舎 馬主:大城敬三
父  アグネスタキオン
母  スカーレットブーケ
母父 ノーザンテースト
生産 社台ファーム

■11月11日(日)結果
□京都11R エリザベス女王杯 GT 外回り芝2200m□
1着  ◎ダイワスカーレット → 単勝190円 複勝110円
2着  ○フサイチパンドラ
3着   スイープトウショウ
4着   ディアデラノビア
5着  △アドマイヤキッス
7着   アサヒライジング
出走取消 ウオッカ

・馬連850円
 
ハロンタイム: 12.7 - 11.1 - 12.4 - 12.1 - 12.3 - 12.6 - 12.8 - 11.8
- 11.1 - 11.4 - 11.6
上り: 4F 45.9 - 3F 34.1

午前6時30分にウオッカ出走取消の発表がありかなり盛り下がった感じで発走を待つことになった。
1着の◎ダイワスカーレットは馬が行くままに1コーナーからハナにたち1000m60秒6のSペースで4角先頭のまま押し切った。先行勢のアサヒライジング、フサイチパンドラは特段競りかけることもなく後続に並び淡々とレースは進んだ時点で勝利は決まってしまった感。
2着○フサイチパンドラは好位4番手で進み4角捲り気味に進出したが届かず。
3着スイープトウショウは後方待機ではなくフサイチパンドラの後方でレースを進めた。近走、往年の切れが見られなかった分前目で競馬をさせてあげたかったのかもしれない。このレースが引退レースとなり馬券的にはバッサリしたがあのズブズブの馬体で3着に走るのだからたいしたものだと感心した。

現時点で最優秀3歳牝馬のタイトルはダイワスカーレット。ウオッカはJC→有馬記念と予定しているみたいだがはたしてどうなるか…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エリザベス女王杯【予想】 単複競馬を愛している/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる